持続可能な苔苗づくり

苔を育てるには、
まずは自然界から苔を
いただかなければなりません。
生態系への影響を最小限に、
採取後にできた空間は
同じ苔で埋めて補修します。

採取した苔は洗浄、裁断して
生えていた面積よりも広く植えていきます。
最終的には、自然界からではなく、
自分で増やした苔をさらに
増やしていくのが目標です。

持続可能な苔苗づくり

Sustainable moss

In order to grow moss, you must first remove the moss from the natural world.
To minimize the impact on the ecosystem, the space created after collection is filled with the same moss and repaired.
The collected moss is washed and cut to plant a larger area than it had grown.
Ultimately, the goal is to increase the amount of moss that you have increased, not from the natural world.

朽網裕子(くたみゆうこ)

福岡県出身
mossy mossy Japan代表
日本蘚苔類学会員 / 日本苔技術協会員 /“坂井苔人”苔栽培組合 代表代理

-経歴-
■ 2007〜2016年 英国ロンドン在住
■ 2015年、苔が空気を浄化するという働きがあると知り、苔を栽培して娘の通う小学校の周りの空気がよくなればと思い、
新潟市の日本苔技術協会にて苔栽培を学ぶ。
■ 2018年 苔栽培に本格的に取り組むため、新潟県胎内市の地域おこし協力隊となる。同年、主にウマスギゴケを栽培する“坂井苔人”苔栽培組合が発足。
■ 2019年 胎内市坂井集落内の休耕田を借り、小さなポットに苔を植えて、園芸用の苔栽培を始める。
■ 2020年 mossy mossy japan設立

朽網裕子(くたみゆうこ)
Yuko Kutami

Yuko Kutami

Born in Fukuoka
mossy mossy Japan representative
Member of the Japanese Bryophyte Society / Member of the Japan Moss Technology Association / Representative of the "Sakai Moss" Moss Cultivation Association

-Career-
■ 2007-2016 Lives in London, UK
■ In 2015, I learned that moss has the function of purifying the air, and I wanted to grow moss and improve the air around the elementary school my daughter attends,
so I learned moss cultivation at the Japan Moss Technology Association in Niigata City.
■ 2018 In order to work on moss cultivation in earnest, we will become a regional revitalization cooperation team in Tainai City,
Niigata Prefecture. In the same year, the "Sakai Mossjin" moss cultivation union, which mainly cultivates Polytrichum commune, was established.
■ 2019 We will rent a fallow field in Sakai Village, Tainai City, plant moss in a small pot, and start horticultural moss cultivation.
■ 2020 mossy mossy japan established

わたしについて

わたしについて

DigiPressテーマでは、数種類のレイアウトデザインからお好みのレイアウトでアーカイブページを表示できます。トップページ、カテゴリーごとでレウアウトを変えることも可能です。
新潟県胎内市について

新潟県胎内市について

DigiPressテーマには、いくつかの便利なショートコードが初めから用意されており、記事やウィジェットに用いることができます。